起立性調節障害に効くサプリ@薬に頼らず改善を目指す!

起立性調節障害サプリの効果は?

  • 朝起きれない
  • 寝たはずなのに朝がしんどい
  • 午前中はだいたい調子が悪い

 

など、朝がとにかく辛い…といったような起立性調節障害によくある症状に、効果を発揮する成分が判明しました。それは、

 

テアニン

 

と呼ばれる緑茶に多く含まれる成分です。テアニンは、近年医学雑誌にも紹介され、さらに、科学的根拠に基づいた機能成分としても注目されています。

 

テアニンの効果は、リラックス作用・眠気解消・ストレス対策・休息の質を上げるなどが挙げられ、起立性調節障害の改善に大いに役立つものです。当サイトはそんな有能なテアニンを高配合したサプリを厳選してランキングにまとめました。どうぞ参考にしてください。

 

起立性調節障害サプリランキング

キリツテインの特徴

キリツテインは、思春期の学生にピッタリの起立性調節障害対策サプリメントになります。1日あたりにテアニンを220mg含有と業界トップクラスを誇ります。さらに、鉄分・高麗人参・亜鉛などの成分も含まれており、睡眠の質を高めることや精神的な不安をなくすだけじゃなく、朝に弱い・低血圧などの症状にもアプローチします。キリツテインをはじめ、朝から元気よく通えるようになった人が続出しています。

価格 3500円
評価 評価5
備考 テアニン220mg・鉄分・高麗人参・亜鉛

 

グッドナイト27000の特徴

グッドナイト27000は、豊富な栄養と圧倒的な含有量を誇るリラックスサプリメントになります。1日あたりに210mgのテアニンをはじめ、グリシン・ラフマ・トリプトファンなど精神安定と睡眠の質を高める成分がたっぷりと含まれています。さらに、科学的根拠ありのストレス解消効果のある特許成分ラクティウムも加えています。当サイトより30日分990円です!

価格 990円
評価 評価4.5
備考 テアニン210mg・ラクティウム・ギャバ・グリシン・ラフマなど

 

リフレのぐっすりずむの特徴

リフレのぐっすりずむは、機能性表示食品のテアニン配合のサプリメントになります。1日分に200mgのテアニンを含み、目覚めのすっきり、疲労感の回復に加え、ストレス緩和の効果が実際に試験結果より判明しています。なかなか朝起きれない、スッキリ目覚めることができない方におすすめです。

価格 2682円
評価 評価4
備考 テアニン200mg・グリシン・ギャバ

 

起立性調節障害にサプリは効くのか?

 

 

サプリメントは薬ではないので、直接症状を改善することはできません。しかし、本来体に必要な栄養分をきちんと摂取することで、長期的に見れば効くこともあるでしょう。

 

治療のサポートに必要

 

どのような病気であっても、改善するためには薬が必要になることが多いでしょう。そのため、サプリメントでは直接改善することは不可能です。ただし、サプリメントにはいろいろな栄養分が含まれています。

 

必要な栄養分がきちんと摂取できれば、自己回復能力が上がることもあるのです。そのため、治療のサポートに必要な存在だと言っても過言ではありません。

 

薬だけでも治すのは難しい

 

薬と言えば、一般的な薬の他にも漢方薬という薬があります。一般的な薬というのは、病気を直接治すのではなく、ウイルスや細菌を退治することや、症状を緩和するために用いられます。

 

よって最終的には自分の回復能力が重要になるのですが、漢方薬は病気の原因に直接作用するので、長期間服用する必要があります。サプリメントも漢方薬とは違うのですが、必要な栄養分で回復のサポートをすることは可能です。

 

病気の根本を治していく

 

最終的には自分の回復能力が重要になるのですが、自分の回復能力を高めるためには、必要な栄養素をしっかりと補給しないといけません。

 

そのためには生活習慣の改善やリハビリなども必要でしょう。そのサポートにサプリメントを用いて、必要な栄養分を補給していけば、病気の根本から改善することができます。

 

起立性調節障害に役立つサプリ成分は?

 

 

起立性調節障害を改善するサポートを行うには、適当サプリメントを選んでも意味がありません。きちんと成分を見てから効果的な種類を選ぶ必要があります。

 

精神面の安定が重要

 

起立性調節障害の原因としては、精神面の乱れも関係していると言えるでしょう。そのため、ストレス解消や睡眠不足の解消、リラックス効果のある成分を摂取することが重要です。

 

睡眠不足の解消には、テアニングリシンが効果的ですし、ストレスの解消にはラフマエキスギャバが効果的でしょう。特にギャバはリラックス効果もあるので、おすすめできる成分の1つです。

 

疲労回復効果がある成分も必要

 

精神的な乱れであっても、やはり疲労というのは溜まってしまいます。それは起立性調節障害であっても例外ではないでしょう。そこで疲労回復効果のある成分を摂取することが重要になります。

 

主な成分としてはクワンソウがおすすめできますが、クワンソウは疲労回復効果だけではなく、抗うつ効果や抗ストレス効果も期待できるのです。そのため、注目しておくべき成分だと言えるでしょう。

 

セロトニンの増加

 

セロトニンという成分を増加させることも、起立性調節障害を改善するためには重要になります。そこでトリプトファンという成分を摂取することで、セロトニンを増加させることができるのです。

 

ただし、必須アミノ酸をきちんと摂取しておかないと、効果が半減してしまうので注意しましょう。よってサプリメント以外にも、きちんと食事をすることが起立性調節障害を改善する上では重要なのです。

 

起立性調節障害サプリの正しい飲み方

 

起立性調節障害に効果的なサプリメントを飲むときには、やはり正しい飲み方をする必要があります。どのような方法が正しい飲み方なのでしょうか。

 

毎日寝る前に飲むのがよい

 

サプリメントは薬ではないので、特に飲む時間帯が決まっているわけではありません。しかし、起立性調節障害の場合には、朝起きてもすっきりしない、起きるのがきついという場合が多いのです。

 

そのため、寝る前に飲むというのが効果的でしょう。寝る前にサプリメントを飲んでおくことで、朝の目覚めを改善できる場合もあるのです。

 

水で飲むことが重要

 

サプリメントを飲むときには、通常は水で飲むことが多いでしょう。しかし、人によってはお茶などで飲むこともあると思います。しかし、起立性調節障害サプリの場合には、寝る前に飲むのがよいと言われています。

 

もしお茶などカフェインを含む飲み物でサプリメントを摂取してしまうと、逆に睡眠を妨げてしまう結果になる場合もあるのです。だからこそ水が最もよいと言われているのですが、あまり冷たすぎるのはよくありません。

 

たくさん飲めばよいというわけではない

 

サプリメントは食品なので、多少多く摂取してもよいと考えている人も多いでしょう。しかし、多く摂取したからと言って、その分早く起立性調節障害が改善できるわけではありません。

 

毎日決まった時間に決まった量を飲むことが重要なのです。飲む量を誤ってしまうと、逆に効果が出にくくなってしまうこともあるので注意しましょう。

 

起立性調節障害の原因は自律神経の乱れ?

 

 

起立性調節障害の原因は、自律神経の乱れが大きく影響していると言われています。では、どのようなことが原因で自律神経が乱れてしまうのでしょうか。

 

大人よりも子供に発生しやすい

 

起立性調節障害と聞くと、大人の方が発生しやすいように感じる人もいるでしょう。しかし、実際には大人よりも子供の方が多く発生しているのです。

 

しかも年代別に見てみると、10歳から15歳ぐらいの年齢の子供が発症しやすい傾向にあります。もちろんこの年代以外であっても発症することはあるので、十分注意しないといけません。

 

男性より女性の方が発症しやすい

 

自律神経が乱れてしまう可能性が高いのは、男性よりも女性の方です。また、季節で言えば春から初夏にかけて発生しやすいと言われています。よく五月病という言葉があるのは知っているでしょう。

 

この季節になると、やはり自律神経の乱れが発生してしまうことが多くなるのです。さらに言えば午前中が最も自律神経が乱れやすいと言えるでしょう。

 

自律神経が乱れる原因はストレス

 

自律神経が乱れてしまう原因はいろいろあるのですが、その中で最も大きな原因の1つがストレスです。特に10歳から15歳ぐらいの子供はストレスを感じやすくなっているので、自律神経が乱れてしまうことが多いのでしょう。

 

自律神経の乱れが酷くなることで、起立性調節障害が起こってしまうのです。まずはストレスを溜めこまない、ストレスを軽減する方法を見つけることが重要になります。

 

起立性調節障害の症状は?

 

起立性調節障害と言っても、どのような症状なのか知らない人もいるでしょう。事前に症状を知っておき、予防をしておくことが重要です。

 

睡眠がうまく取れない

 

起立性調節障害になると、本来なら寝つきがよいはずの子供であっても、なかなか寝付くことができない場合があります。そのため、次の日になっても疲れが取れません。

 

また、朝起きたときにだるさを感じる、もしくはすぐに起きられないという症状が発生しやすくなります。このように睡眠にかかわってくる症状が出てくるのも起立性調節障害の特徴です。

 

精神面が不安定になる

 

そもそも起立性調節障害というのは、精神面の病気だと言っても過言ではありません。そのため、精神面が不安定になることが多いのです。例えば些細なことでイライラするという状態が発生します。

 

最近は気が短い若者が多いですが、場合によっては起立性調節障害かもしれません。他にも集中力が低下してしまうことが多いので、学校の勉強にも影響が出る場合があります。

 

体の調子がおかしくなる

 

起立性調節障害の場合には、体の調子がおかしくなるケースもあります。よくあるのは、熱もない上に風邪もひいていないのに、頭痛が発生する場合です。急に立ち上がると立ちくらみがするケースもあるでしょう。

 

しかも立ち上がったときなどに、動悸が激しくなる人もいるのです。酷くなってくると朝食が取れない、気分が悪くなって吐き気がするなどの症状が出てしまうこともあるので、早めに対策を練りましょう。

 

起立性調節障害の改善にテアニンの効果が注目!

 

 

起立性調節障害を改善するために有効的な成分がいくつかあります。その中の1つがテアニンなので、積極的に摂取しておくべきでしょう。

 

睡眠の改善ができる

 

起立性調節障害になると、なかなか寝つけないという症状や、朝起きてもすっきりとせず、起きるのが億劫という状態になるケースもあります。そこで睡眠の改善ができるテアニンを摂取するのがよいでしょう。

 

テアニンにはリラックス作用があるので、休息の質を向上させてくれます。さらに朝起きたときにも眠気スッキリの状況で快適に起きることができるでしょう。

 

ストレス解消効果が期待できる

 

起立性調節障害が発生する原因としては、ストレスも関係していると言えるでしょう。そのため、ストレス解消が可能な成分の1つとして知られているテアニンが注目されているのです。

 

ストレスは起立性調節障害の原因となるだけではなく、体にいろいろな悪影響を与えてしまいます。このような悪影響から体を守るためには、テアニンの摂取はとても効果的だと言えるでしょう。

 

テアニンが含まれている食材

 

いくらテアニンが起立性調節障害の改善に最適だとは言っても、どのような食材に含まれているのかを知らなければ意味がありません。テアニンというのは、お茶に含まれているアミノ酸の一種です。

 

お茶以外にはツバキやサザンカにのみ含まれている珍しい成分となっています。そこでお茶を毎日飲むことで、起立性調節障害の改善に繋がると言えるでしょう。

 

起立性調節障害の治療薬は副作用が怖い?

 

起立性調節障害の場合には、まず生活環境の改善が必要になります。それでも改善できない場合には、治療薬を用いる必要があるのですが、副作用が出ることもあるのです。

 

起立性調節障害に用いる薬

 

起立性調節障害の改善が難しい場合には、治療薬を用いることもあります。そこでどのような治療薬を使用するのかを見ていきましょう。

 

一般的にはミドドリン塩酸塩やアメニジウムメチル硫酸塩、プロプラノロールやエチレフリン塩酸塩などが用いられます。それぞれ効果も若干異なるので、症状によって使い分けるようになるでしょう。

 

薬に副作用はつきもの

 

一般的な薬というのは、一時的に症状を和らげる効果や、細菌やウイルスなどを死滅させるために用いられます。しかし、どのような種類の薬にも副作用がつきものなのです。

 

それは起立性調節障害の治療薬でも例外ではありません。薬の種類によっても副作用は異なるのですが、主に頭痛や動悸、めまいや吐き気などがあります。もちろん全ての人に副作用が出るわけではありません。

 

副作用の対策

 

起立性調節障害の治療に用いられる薬は、通常医療機関で処方してもらいます。そのため、以前にどのような副作用が出たのかなどのアンケートを行い、副作用の対策を行っているのです。

 

もし薬に弱く、すぐ副作用が出てしまうような体質の人は、漢方薬をすすめてくれる医療機関もあります。漢方薬は効果が出るまでの期間が長い反面、原因から治療することができますし、副作用も殆どありません。

 

起立性調節障害に効くサプリを見てみる!